トマトができるまで

Mutti のトマトを最初に口に
するのは当社の生産者です。

毎年夏が来るとパルマ地方は収穫というお祭りの舞台となり、誰もがこれに参加します。当社の生産者は多くの場合、畜産者やチーズ製造者であり、輸送業者はトマトを迅速に畑から工場に届けるために動きます。そして、地元の学生が大半を占める季節労働者が、夏の間私たちと一緒に過ごします。

私たちは加工業者というよりも、トマトの本物の味わいを守る立場の者であると考えています。そのため、私たちは「鮮度基準」に特に注意を払っています。

トマトは畑から工場までの移動の間傷つかないように保護されます。こうしてトマトの完全な風味が維持されます。製品が完成すると私たちのトマトは世界中を駆け巡り、全世界の人々に良質な味を届けます。

各地で収穫されたトマトを受け取った時のMuttiの喜びは例えようもありません。その理由は非常に厳格な管理を経て、最適な成熟度に達したトマトが、数時間で毎日の料理に使用できる製品に変わるからです。

トマトの恵みをそのままの状態に保つために、当社はトマトが工場に到着してから加工されるまでの時間を出来る限り短縮しています。

パルマと近郊

イタリアのフードバレー(美食文化が豊かな地域)の中心に、当社のトマトの生産場所の一つがあることをご存知ですか?それはポー平原とアペニン山脈の起伏にある畑で、1世紀以上前からトマトは、小麦とともに主な栽培作物の一つになっています。この2つの作物には密接な関係があります。すなわち一方が取り去るものを互いに土に返しているのです。この2つの作物は密接な関係にあり、交互に栽培することによって土壌は様々な栄養分で肥沃な大地となり、常に実り豊かな状態を維持します。

その他の地方

その他の地方

それぞれの地方に、その地方ならではのトマトがあります。Muttiは各地方に特有のトマトがあることを知っており、製品に最も適した品種を探求しています。例えば当社は皮むきトマトやチェリートマトには、プーリア州のタヴォリエーレ・デッレ・プーリエ(卓状台地)の畑を選んでいます。この土地には独特な風味を持つトマトを生産できる理想的な条件がそろっています。鮮度基準を守るため、当社はサレルノ地方にあるオリヴェート・チトラ近隣の自社工場でトマトを加工しています。当社は1世紀以上前から知識と経験を積み重ねています。

パルマと近郊

加工の段階

  • 品質管理

    品質管理

    厳選されたトマトだけが当社工場に届きます。これらのトマトは消費者の期待に応えるために綿密に分析されます。糖度、酸味、色を測定する際、潰れたトマト、完全に熟していないトマト、土や石による汚れがあるトマトが検出され、除去されます。厳しい条件をクリアしたトマトだけがMutti製品の製造工程へと進むことができます。

  • 工場受取り

    工場受取り

    トマトの積荷が届くと、トマトはタンクに移され、傷つけないように、ウォータージェットで慎重に洗浄されます。光選別を使用した新しいコントロールシステムによって、Mutti製品に適さないトマトが取り除かれます。

  • タンク詰め

    タンク詰め

    選別されたトマトは、加工ラインに繋がる保存タンクへと運ばれます。そこで最後の不純物を取り除くために水につけられます。トマトは新鮮な状態が保たれ、発酵を防ぎます。これでついに加工の準備が整いました!

  • 加工

    加工

    加工前にベルトソーターを使用した3番目の選別が行われます。トマト本来の風味をそのままお届けすることが、当社が何よりも大切にしていることです。